2006.09 かんかん照りにぶらぶら

外はかんかん照り。
家に居たら涼しいが、TVにも飽きた。
意を決して出発する。とにかく今日は暑い。
信号待ちで止まると、腕がじりじり焼ける。
そしてこんな日に限って、踏切などにひっかかる。地獄の国道を走って、下津町は塩津に到着。DSC00030
塩津といえば上の子が生まれたころ、毎週のようにチヌ釣りに通った場所だ。
懐かしいが、港の様子もあのころと大分違っている。昔もそうだったが、ここに釣りに来ている車のナンバーを見ると、なぜか奈良ナンバーが多い。
こんな小さな漁港がなぜ奈良方面で有名なのか。
不思議だ。遠くにマリーナシティーが見える。DSC000331
塩津から少し走ると、戸坂漁港に着いた。
今日は風が結構強いが、たくさんの釣り人で賑わっている。

戸坂の集落は山肌にへばりついている。DSC000371 DSC000391
しばらく走ると地図に載っているのに道がない。
途方に暮れて、しばらく海を見つめる。仕方なく国道に戻り、反対側から行くことにした。
それらしき所を走ってみたが、道に迷ってしばらくさまよう。DSC000411
そして偶然にこの石碑を見つけ、自分の位置をつかむ。
地図には「紀文船出の地」とある。
その石碑らしい。
紀伊国屋文左衛門が、ここからミカンを積んで出航したのか。紀伊国屋文左衛門は、ミカンやら塩鮭やら材木やらで大儲けした商人だ。
ただし、架空の人物という説もある。DSC00043
自分の位置がわかったところで、先へ進む。
向こうに大崎漁港が見えてきた。
木陰に入ると結構涼しい。
かんかん照りだが真夏とは少し違う。
ちょっぴり秋の気配がする。
DSC00050 DSC00052
大崎漁港に到着。
何とものどかな漁港だ。
と言うより「人気(ひとけ)」が無い。DSC00055
漁港をぐるっと回るとトンネルがあった。
石油基地専用のものらしく、ゲートが閉まっていた。さらに進むと行き止まりになってしまった。
また道が分からなくなったので、家の前で犬を遊ばせているおばちゃんに聞いた。DSC00056 DSC00057
あとで分かったことだが、おばちゃんが教えてくれた道が戸坂で見失った道だった。
地図では平面上にあるが実際は尾根を走る道だったためわからなかったのだ。
何のために等高線があるのか。
我ながら情けない。山の上まで来ると、さっきまでいた大崎漁港がはるか下のほうに見えた。DSC00059 
山の上の気持ち悪いほど広い道を走っていると、下のほうに何かの施設が見えた。
釣り公園シモツピアーランド」と言うらしい。


ふ~ん、こんなんあったんや。
近くに住んでるのに知らんかったわ。
でも、こんなとこで釣って面白いんかな?
堤防で釣ったらタダやし・・・。
しかし今日はホントに暑かった。
参ったわ。
やっぱり夏は涼しい山道へ行かんとあきまへん。
無駄に広い道を下ってさっさと帰ろうっと。DSC00063 DSC00062
shiotsu

〇走行距離 68km

スーパーカブで散歩 iichan1号でぶらぶら