2006.06 超久々にぶらぶら

超久々のぶらぶらだ。
前日にどこへ行こうか地図で調べる。
近場でいい所はないかな、と探しているとありました、「山田ダム」。なぜかダムが好き。GPSにルートを設定し、出発する。
走り慣れた道から山道へ入り、あっさりと到着。
思ったよりも小さい。
「紀北唯一のダム」とある。
特に見るところもないので、さっさと出発する。DSC00012dsc00014
ダム湖を右に見ながらしばらく走ると、ゴルフ所に到着。
「紀の国カントリー倶楽部」。
おばちゃんたちが植え込みの手入れをしている。

ゴルフに興味がないので、ここもさっさと出発。DSC00017dsc00016
静かな山道を一人走る。
久々に嗅ぐ濃厚な山の匂い。
カブのエンジンを切ると、聞こえるのはせせらぎの音とウグイスの鳴き声だけだ。
えーぞ、最高や~!
途中出会ったお地蔵さんに手を合わせる。DSC00019 DSC00018
良い山道にはヘビの死骸がある。
可哀想だが今日は2匹が車にひかれていた。気持ちのいい山道ほど、本当にヘビが多い。
「気持ちのいい山道にはヘビの死骸が多い」の法則だ。DSC00022
集落に出るとアジサイが咲いていた。
こんな山奥にも人々の生活がある。
すごいわぁ~。
山道→集落→山道→集落を繰り返す。そういえばもう梅雨だ。dsc00023
キャンプ場の案内板があった。

DSC00026

「細野渓流キャンプ場」に到着。
受付のおばちゃんが不振そうに見ているので、恥ずかしくてよい写真が撮れなかった。DSC00027
「渓流」というほどの川ではないが、キャンプ場はなかなか良さそうだった。

広い草原とバンガローもある。
この時期はまだキャンプする人も少なく快適そうだ。

DSC00028

学校の前を通ったとき銅像が目に入った。
「志賀野小学校」とある。
銅像は定番の「二ノ宮金次郎」だ。
とはいうものの、私が通ったどの学校にもこの銅像はなかった。
TVなどでは良く見るが、実物は始めて見た。
いいものを見せていただきました。DSC00032 DSC000332
久々の「ぶらぶら」だったが、いや~、いい道を走らせてもらいました。
近場にもういいところはないと思っていたが、探せばまだまだ楽しそうなところがありそうだ。帰りにガソリンを入れた。
最近近所に出来た安いセルフのスタンドだ。セルフは安いがちょっと苦手。
カブの場合、満タンに入れるのが溢れそうで怖い。
小銭で支払いができないし、お釣りは別の機械で精算する必要があるし・・・。
「おっさん度」がますます高くなってきた証拠かな?
dsc00031
yamada

〇走行距離 79.2km

 

スーパーカブで散歩 iichan1号でぶらぶら