2005.11 ポカポカ陽気にぶらぶら

今日は11月とは思えないほど暖かくていい天気。
久しぶりに遠出することにした。根来寺を通る。ちょっと休憩。
そしてジェットコースターの広域農道をひたすら東へ走る。車は比較的少ない。
ゆっくり走るつもりが、遅い車を追い越したりしているうちにどんどんスピードが上がり、予定よりかなり早く橋本市に到着。dsc00005
コンビニでおにぎりとお茶、スニッカーズを買う。
それから大渋滞のR371を北上する。
ものすごい車の数と見慣れない景色に、とんでもなく遠くに来た錯覚に陥る。しばらく走るとGPSが、「そろそろ曲がるで」と知らせる。
地図だけでは確実に見逃してしまうような脇道。
GPSはやっぱりすごい!
河内長野市に入った。素晴らしく長閑な集落が現れた。dsc00006

 

曲がったは良かったが、地図にない二股道がある。
井戸端会議中のお婆ちゃんに尋ねると、「わたいらそんなとこ行ったことないし、わからんわ」と言う。少し走って、今度はおっちゃんたちに聞くと、丁寧に教えてくれた。
「山道で迷ったら大変やから、途中でもう一度だれかに聞いたほうかええで」と心配までしてくれた。お礼を言って、苔むした道を進む。
あ~、久しぶりにええ気持ちや。dsc00007

 

聞いたとおりの道に出た。GPSとも符合している。
安心して更に進む。途中、公園やらキャンプ場やらを通り過ぎる。
バーベキューのいい匂いが漂ってくる。Dsc00009
キャンプ場から少し走ると「岩湧寺」という寺があった。
古い塔がひっそりとたたずむ。きれいだ。
大きな杉の木が印象的だった。
樹齢400年あるらしい。Dsc00011
岩湧寺を出発してひたすら走り、ついに目的地の
「滝畑ダム」に到着。右側へはゲートが閉まっていて進めない。
仕方なく左へ進む。Dsc00018 Dsc00019
ダム湖をぐるっと周ると駐車場があった。
ここに車を止めてダムが見学できるようになっている。
ベンチでは家族連れが弁当を広げている。
きれいなトイレもある。こちら側にも車止めがあって、湖周には徒歩でしか行けない。
しんどそうなのでやめる。dsc00022
僕も昼食をとることにした。
ダム湖を一望できる絶好のロケーションだ。しかし、休日に一人でコンビニのおにぎりを食べるおっさんって・・・。他人にはどんなふうに映っているのであろう。
中年の寂しい独身男か、はたまた家で邪魔者扱いされているダメ亭主か。
そんなことを想像して、ニヤけながら食べたおにぎりは、ちょっぴりしょっぱい味がした(笑)。穏やかな時間が流れる。Dsc00025
腹もいっぱいになったし、ボチボチ出発だ。
赤いトンネルを通る。しょうもない落書きするなよ。お前の親も泣いてるぞ。
親も同類かも知れんけど。情けない。Dsc00026
和泉市に入る。

Dsc00028

途中で道がダートになり、そしてこんな看板が。
「この先行止まり」・・・。
予定では左に行けば帰れるはずだった。
こんな看板があっても行ける場合が多いので試しに行ってみたが断念した。さあ、どうする。
帰りの地図はこのルートのしか持っていない。
計画に柔軟性が全然無いのだ。頭の中が真っ白になったまま、とにかくダムまで戻った。Dsc00029 Dsc00030
僕は極度の方向音痴だ。
スーパーの地下駐車場に入ると、出口が分からない、
トイレから出ると反対方向に歩いていく等は日常茶飯事だ。方向音痴がこうと思った方に行くと、大体反対方向に進んでいる。
こんなところで反対に行ってしまったら大変だ。
といって、来た道を帰るのは嫌だし。思案した結果、GPSを自宅に設定し、大体そっちの方向に
走っていくと言う作戦に打って出ることにした。GPSの矢印を頼りに走り出す。
走れど走れど見知らぬ村の道路標識ばかりで不安が募る。「かつらぎ町」の標識を見つけたときは、ホッとした。
これで何とか帰れる。

Dsc00032

怖い道を一人進む。

Dsc00033

蔵王峠というところに出た。
和歌山と大阪の境界だ。Dsc00035 Dsc00036
蔵王峠からしばらく走ると、見晴らしのいいところがあった。
下を見ると、ヘアピンカーブの連続がある。
反対側には鈴なりのみかん畑がある。
しばらく休憩して景色を楽しむ。
さあ、下界まであと一息だ。
暗くなる前に帰ろう。Dsc00037 Dsc00038
takihata2

〇走行距離 130km
〇最高標高 556m(蔵王峠付近)

スーパーカブで散歩 iichan1号でぶらぶら