2004.08 風にあおられぶらぶら

毎年故郷の花火大会の日には家族で帰省しているが、今年は都合がつかなかったので、一人で帰ることに。

しかも車が使えなかったので、カブで行く羽目になった。
前日の台風で大雨が降っているので、山道のルートは断念。やむなく海沿いの国道を走ることにした。

自宅付近ではそれほどでもなかったが、国道に出るとものすごい強風だった。

dsc00003

 

まさに風との闘い。
あまりの強風に、前傾姿勢でないと走れない。
時たま来る横からの突風にハンドルを取られて冷やっとする。交通量の多い国道を走るのは、まったくもってつまらない。
渋滞、信号、排気ガス、追い越してくる車、etc。
しかも単なるA地点からB地点への移動だし。
こんな道を2時間走るくらいなら、山道を4時間走るほうが精神衛生上よっぽどいい。唯一の救いは、風で暑さをあまり感じなかったことだ。
2時間半ほどかかってやっと到着した。Dsc00004
強風で中止になるかと思ったが、始まる頃には風も少しおさまり、奉納花火大会は始まった。

防波堤から打ち上げるので、みんな砂浜に座って見る。
今年は適度に風があって涼しいし、煙も流れて花火がきれいに見える。

30発打ち上げては休憩、また30発打ち上げては
休憩。のんびりしている。
合間合間に仕掛け花火が入る。拍手と歓声があがる。

毎年これを見ないことには僕の夏はやってこない。

Dsc00027 Dsc00022

そういえば今日はPLでも花火がある日だ。
今夜ここで上がる花火は、PLだったら1分くらいで終ってしまうんやろな。えらい違いや。帰るころになると風は大分おさまっていた。
夜は交通量も少なく、車のスピードも高速化しているので、その流れに乗ってひたすら走る。
行きは混んでいた峠道も帰りは空いていて、コーナリングを楽しみながら走る。帰りは2時間で到着。やっぱり故郷はいい。
来年はこの花火をみんなで見れますように。dsc00015 Dsc00020
スーパーカブで散歩 iichan1号でぶらぶら