2003.04 恋の季節にぶらぶら

今にも雨が降り出しそうな天候の中、意を決して出発しました。田んぼの脇を走っていると、今では少し珍しくなった「レンゲ畑」を発見。
私が子供の頃は、春の田んぼといえば「レンゲ」と相場が決まっていたのですが、最近はあまり見なくなりました。renge3renge2
ぶらぶら走っていると、土手に出たので河原に行ってみることにしました。土手から河原までは、結構距離がありました。
こんな道をどんどん進んでいきます。kawara1
途中にこんな水たまりがいくつもあって、iichan1号の行く手を阻みます。最初は恐る恐る渡っていましたが、最後には慣れてしまって、ザブザブ入っていました。
帰ってから見ると、泥だらけのオフロード車の様になっていました。kawara2
河原に着いてホッと一息。
コンビニで買った、おにぎりとお茶で昼食にしました。
「やっぱり河原は静かで癒されるなあ~」と思いきや、何やらうるさい音楽が聞こえてきます。
見ると100mほど離れたところに20台ほどの「ジープ軍団」がたむろしていて、大音量で音楽を流しています。
ジェットスキーといい、ジープ軍団といい、もうちょっと静かに遊べんのかい!!!kawara3
うるさいんじゃ、ボケ!!
とジープ軍団には聞こえないように罵声を浴びせつつ河原を後にしました。
帰る途中の用水路に、何十匹という鯉が群れて泳いでいました。大きいのは80㎝以上あります。
こういうのを見ると、釣りたくて仕方がありませんが残念ながら竿を持っていません。
しかし、すごい数で圧倒されました。なぜこんなにも多くの鯉が出てきたのでしょうか?
なぜならばやっぱり春は「鯉の(恋の)季節」だからでしょう。
チャン、チャン! おあとがよろしいようで・・・。koi
スーパーカブで散歩 iichan1号でぶらぶら