2002.09 新しい道を求めてぶらぶら その3

3日目。
山の脇道に小さな鳥居を発見。P10100131
苔むした山道をしばらく登ると小さな祠があった。
建て替えたばかりのようで、真新しい。
祠の周りに、古い土壁の跡が残っていた。
途中で拾った1円を賽銭箱に入れる。バチが当たるかも知れない。
p101004721p101004821
山を抜けて、しばらく走ると遂に海に出た。
今日は風があって、少し波が高い。
堤防では連休とあって、たくさんの家族連れが釣りをしている。でもこれだけ風があると釣り辛いやろな。久しぶりに嗅ぐ潮の香りが心地よい。P1010052
とにかく海沿いを走る。
今日のテーマは「海沿い」と勝手に決めた。
海から離れそうになると、どんな狭い路地でも通ってまた海に出る。路地で昼寝している犬に「こめんよ~。ちょっと通してよ~。」と謝りながら無理矢理海に出る。
漁港に出た。湾内はさすがに波が静かだ。おばちゃんが漁網の繕いをしている。
目の前の海面を、巨大なボラが泳いでいく。
P10100561
こんな看板もお構いなしにiichan1号は進む。
というか、むしろ嬉しくなってどんどん進む。
やっぱりカブは素晴らしい。P10100571
海を見ながらおにぎりを食べていると野良猫が近寄ってきた。子供があげたおにぎりを食べ、ひなたぼっこをして帰っていった。P10100611
海を見つめるiichan1号。後ろ姿に哀愁が漂う・・。P10100641
海岸に不思議なオブジェが。
岩をコンクリートで固めて作っているが結局正体は不明。p1010068111
更に進むと、遊園地の裏側に出た。
ちょうどイルカショーの時間だった。
水面は見えないので、イルカが見えたのはこの1回だけ。たった1回のジャンプの瞬間をとらえた写真。素晴らしい。自画自賛。
タダでイルカショーが見られてとても得した気分だ。p101007111
堤防一面に描かれた子供達の絵。
「海岸をきれいに」と書かれた絵の前にもゴミが落ちている。少し悲しい気持ちになる。
「海を汚す者は海で遊ぶ資格なし!」P10100751
スーパーカブで散歩 iichan1号でぶらぶら