リアサスペンション取り付け

最後は、リアサスペンションだ。

初代も交換していたのだが、見た目もさることながら、その効果は大きい。

初代から、ノーマルの二代目に乗り換えて感じたのは、スピードがのってくると、車体がフワフワとして走りが安定しないということだ。
サスを交換することで、それは解消される。

このサスは、東京堂とYSSが共同開発したもので、スーパーカブ専用だ。
硬さは5段階に調節できる。

PA180228

まず、ノーマルのサスを外す。
ナットは以外に簡単に緩んだ。PA180229
そして、新しいサスを取り付ける。
カブ専用だけあって、カラーを使わなくてもピッタリはまった。
取り付ける方向(裏表)があるので、間違わないように気をつけなければならない。左右取り付け完了後、早速テスト走行した。
いい感じだ。初代の走りが蘇った。テスト走行後、硬さを真ん中に調整した。PA180232
いろいろいぢっているうちに、ふと思った。
無意識のうちに初代に近づけようとしているのではないか。
初代の走りに近づけたいのではないか。そのとおりだ。
乗り慣れていたからだろうと言われれば、そうかもしれないが、
それでも初代の走りは素晴らしかった。6万5千キロ弱走っていたが、通勤時毎朝キック一発で始動。
休み明けでも一発でかかった。
エンジン音も実に軽快で、特に40~50km/hで走っている時のスムーズな走りは快感だった。
最高速は85km/h弱は出て、回転の伸びも良かった。PA180236
残念ながら二代目の走りは、僕にとってはまだ初代に及ばない。

思い起こせば、初代も最初に乗った時はしっくりこなかった。
自分の走りに合うよう、いろいろいぢったり、エンジンが自分の
走り方やスピードにだんだん馴染んできて、気がつくと最高の
カブになっていた気がする。

二代目もそうなってくれるよう、じっくり付き合っていこう。

PA180237

スーパーカブで散歩 iichan1号でぶらぶら
CF POSHCF ポッシュ/フォームラバーグリップ カブタイプ

CF POSHCF ポッシュ/フォームラバーグリップ カブタイプ SuperCUB