ハンドルグリップ取り付け

さて、次はグリップだ。

実は、近年冬になると掌が荒れて、そうなるとカブの硬いグリップが辛い。

ナナカンパニーに良さそうなものがあったので、一緒に購入した。

PA180217

それが写真の「フォームラバーグリップ」だ。
ノーマルのグリップよりも太めで、弾力がある。スロットルパイプと接着剤もいっしょに購入した。PA180219
スロットル側のグリップは、スロットルケーブルを外すと、簡単に抜ける。

新しいグリップにスロットルパイプを挿入し、までは良かったが、接着剤をつけるのを忘れていた。
しかし時既に遅し。
引き抜こうとしても、びくともしない。

まあ、いいか。
びくともしないと言うことは、接着剤も必要ないということだと言うことにしておこう。

PA180220

問題は左側のグリップだ。

これは接着剤で固定されているため、ちょっとやそっとでは抜けない。
グリップとハンドルのパイプの間にマイナスドライバーを指し込み、グリグリすること約10分。
やっとのことで引き抜いた。

パイプについている古い接着剤を削ぎ落とし、新たに接着剤を塗って新しいグリップを挿入した。

しかし、ここで大きな失敗に気付いた。
先にグリップを奥まで差し込んでしまうと、スイッチのカバー
(ミラーをねじ込む部分)が取り付けられないのだ。

焦ってグリップを引っ張るが、なかなか動かない。
悪戦苦闘の末に、何とか取り付けられた。

PA180222

スロットル側はこんな感じ。

PA180224

イメージしていたのとと少し違う感じになった。
見た目はノーマルの方が好きかも知れない。握った感じは、ソフトで振動も吸収してくれて良いのだが、僕にはちょっと太すぎる気がする。まあ、しばらく乗ってみて、ダメだったら元に戻そうと思うが、
一日通勤で乗った感じは、なかなか良かった。PA180226
スーパーカブで散歩 iichan1号でぶらぶら
 CF POSHCF ポッシュ/フォームラバーグリップ カブタイプ

CF POSHCF ポッシュ/フォームラバーグリップ カブタイプ SuperCUB