スポークの錆落とし

フロントのスポークの一部がサビサビになっているので、落とすことにした。

不思議なことに全然錆びてないスポークと、ひどく錆びているスポークがある。

dsc00013

 

1本1本ペーパーで磨いていく。
磨いた後CRCを染み込ませた布で拭いておいた。
作業しにくいし指が痛いし、とにかく面倒くさい。写真を撮ったが、どこがどうきれいになったのかわからない写真になってしまった・・・。

dsc00014

スーパーカブで散歩 iichan1号でぶらぶら