二代目から三代目へ

 詳しい経緯は「男の無駄遣い」をご覧いただくとして、訳あって二代目を廃車にし、三代目を迎えることになった。

初代、二代目はブルーだったが、三代目はグリーンだ。
まさか人生で3台のカブに乗るとは思っていなかった。
初代に何も無ければ、限界まで修理しながら乗るつもりだったが、残念ながらそれは叶わなかった。
 
そこで二代目を迎えたが、これはうまくいかなかった。
人間に例えると「性格の不一致」というやつか。
やむなく三代目の登場となった。

神様のバイク屋で整備後、ドライブスプロケットを15Tから16Tに交換、リアサスペンション交換、ハンドルグリップ交換等を行い、三代目も「iichan1号仕様」となった。

まだほんの少ししか走っていないので、体に馴染んではいないが、これから少しずつ馴らしていこう。

 付き合いの短かった二代目は2001年式、そして三代目は2002年式。
 何事も無ければ、三代目が終生のカブとなるだろう。
 頼むで、三代目!!
 久々に「ぶらぶら」したり、長距離も走ってみたい。
 
  先日、久しぶりに近所の山に走り行った。
 久しぶりに嗅ぐ山の匂い。
 空気がひやっとして、清々しい。
 心が洗われていく。
 長い間忘れていた感覚が蘇ってきた。
 初代がやってきた時に感じたワクワク感が一瞬蘇った。
 でもやはり初代とは違う。
 最近になってやっと気付いた。
 僕はスーパーカブが好きなのではなく、「初代」が好きだったのではないか。
 未練がましいが、初代が忘れられない。
 三代目には悪いが、初恋の人を忘れられないのと同じような気持ちだ。
 
 幸いにも、初代はフレームがダメになっただけで、それ以外はそのままの状態で保存してある。
 いつか、近い将来、復活させてやる。
 その準備は少しずつではあるが、進めている。
 乞うご期待!P6200255
 スーパーカブで散歩 iichan1号でぶらぶら